スゴイ占い師.tvとは、「本気で占いと向き合うメディア」です。占いに関することなら何でもご相談ください!

【微妙な】占いとスピリチュアルの境界線【境目】

皆さまごきげんよう

社長です。

 

私は仕事柄たくさんの占い師さんやセラピストさんと交流がありますが

その中でもスピリチュアル系の鑑定をする方たちがあられる。

スピリチュアル系というと何か道具を使って視るというより

高次元とつながって、クライアントにメッセージを受け取ってもらうという様なもの

(詳しくはチャネリング、ヒプノセラピーなどなど色々あるんだけど)

 

ここで私が思う占いとスピリチュアルの境界線を考えていきたい。

(どっちが良いか悪いかという議論はしない)

結構スピリチュアル系の方で、私は占い師ではないと主張する方もいるし

占い師の方で、アンチスピの人もいる。

 

私が数々の鑑定を受けてきた結果として言えることは

”おお~きぃ枠で捉えたら一緒なんだけどね”

という感じ。

 

私という一般人の中では

”治療”という大きい枠組みの中で

”占いは手術で、スピリチュアル系は自己治癒指導”

というイメージ。

 

スピリチュアル系は、やはり自分の中から見つけていく作業が基本(のように感じる)なので

どうしても、”こうなるよ!”という直接感はあまりない印象。

(それが良いことである側面もあるんだけど)

世間一般で言われる占いだと思っていくと物足りない感はあるかもしれない。

 

しかし、一方で、潜在意識だ、引き寄せの法則だ

とたくさんの実現化の情報ソースが出てくることで

スピこそがガチだ!みたいな傾向もある。

(暗に、占い師にはできないことを私たちはやっているというメッセージもある)

 

けど、占いも結局はカードやサイコロやを使って

現実化を引き起こしている潜在意識と繋がる儀式だと捉えれば

占いはエセで、スピはガチだ、という図式は成り立たない。

 

しかし、この占いとは現実化を引き起こしている潜在意識を

表層化するプロセスなんだ、という事を理解しないまま

当てものだなんだと占いを受けると

結局”あの人当たった、当たらない”

という話になってしまって、たしかに弊害もある。

 

スピリチュアル系は逆に潜在意識を大切に扱おうとするので

その人に変なことが刷り込まれないように、言葉選びには

細心の注意を払っていると思う。

だからこそ”こうなるわよ”みたいな直接感にはどうしても欠ける。

(けど、この方が相性が良い人もたくさんいると思う)

 

大切なことは

占いとはいったい何なのかを論理的に理解する事が重要。

スピリチュアルとは何なのかをしっかり理解することが重要。

 

ちょっとバシャールとか引き寄せの法則とか知っている人なら常識だと思うんだけど

基本的に現実は、その人の潜在意識が現実化しているという話がある。

 

しかし、その潜在意識はほとんど認識されていない。意識されていない。

お腹の中の考え方みたいなイメージをされている。

 

これを自分で素人がチェックするなんてほとんど無理だから

占いというツールや占い師という人を上手く有効活用して

自分の潜在意識がどうあるかという事をチェック・メンテナンスする事だと捉えれば

占いを受ける側の恩恵も増えると思う。

 

結局何が言いたいかというと

①占いとスピリチュアルは結局大きな枠でいうと、同じ

②アプローチと進め方が違うだけなので、どっちが上とか下とかも無い

③自分と合う方をやればいい、けどどちらが自分に合うか正しい知識を持とう

 

理解しあって、はじめてエネルギーは最大化するのです。

 

社長

 

 

 

Author Profile

ケシー
ケシー
スゴイ占い師TV 統括責任者 株式会社キンダーガーデン 代表取締役社長

大学という日本独自のパラダイスを卒業し、迷い込んだように上場企業でコンサルしていたが、史上最速の昇進と、女性歴代1位の記録を取った途端、占いにはまり退職。そのあと、占い師になろうと決意するが、あまりの才能の無さに断念。2014年に占い師TVを立ち上げ、道端の小銭を拾ったり、自動販売機のお釣り受けをまさぐりながら、コツコツ占い師TVを運営しているうちに、”お金あげるよ”って気が触れたとしか思えない神様(現 副社長)が現れ、共に株式化。あれよあれよと社員も集まり現在に至る。ちなみに名前は本名。半分外人である。あだ名は”大海原のキャビア”

Copyright© 2015 スゴイ占い師.TV