スゴイ占い師.tvとは、「本気で占いと向き合うメディア」です。占いに関することなら何でもご相談ください!

タロットワンポイント解釈【18 月】不安定な心を抱え、手探りで恵みの地を求める

月

基本的意味

水辺のザリガニが空を見上げているのは、今の環境に満足が行かず、更なる神の恵みの地へと進みたがっていることを現しています。また、月は迷いや葛藤の象徴でもあります。手探りでもいいから、漠然と前に進みたい…このカードはそんな心の状態を現しています。

 

【絵柄から導き出されるヒント・気付き】

ザリガニは、元々水辺に生息する生き物です。陸地では生存が困難ですし、このカードに描かれているような狼や犬に見つかり、瞬時に捕らえられてしまう危険性もあります。しかし、このザリガニが、苦難を乗り越えてでも、今の環境を抜け出し、更なる高みを目指したいと考えているように、貴方も今よりもっと崇高な世界へ進みたいと願っていることでしょう。

ただ、ザリガニは、神の地へと繋がる黄金の道を見たわけではありません。たった一滴の月からこぼれ落ちたきた雫で、それを予感しているだけなのです。不安ながらも、漠然と「それでも進まなくては」と思っている…、おそらく貴方もそんな状態なのではないでしょうか。

貴方が進もうとしている道は、月の光でしか照らされていない道のように、よく見通せないため、さらに迷いが生じることになりそうです。道そのものは間違っていないので、闇雲に不安を抱く必要はありませんが、明るいところでよく確認をしてみることも必要であると、このカードは教えてくれています。

 

【逆位置で出た場合の解釈】

月のカードが逆位置で出た場合は、不安が解消されていく様をイメージしてください。正位置の時の解釈のように、漠然とした不安がいつまでも続くのではなく、逆位置の場合は、この先の見通しがついたり、ものごとが徐々に好転して解決に向かうなど、夜明けが近い…そんな状況を暗示しています。

Author Profile

ケシー
ケシー
スゴイ占い師TV 統括責任者 株式会社キンダーガーデン 代表取締役社長

大学という日本独自のパラダイスを卒業し、迷い込んだように上場企業でコンサルしていたが、史上最速の昇進と、女性歴代1位の記録を取った途端、占いにはまり退職。そのあと、占い師になろうと決意するが、あまりの才能の無さに断念。2014年に占い師TVを立ち上げ、道端の小銭を拾ったり、自動販売機のお釣り受けをまさぐりながら、コツコツ占い師TVを運営しているうちに、”お金あげるよ”って気が触れたとしか思えない神様(現 副社長)が現れ、共に株式化。あれよあれよと社員も集まり現在に至る。ちなみに名前は本名。半分外人である。あだ名は”大海原のキャビア”

Copyright© 2014 スゴイ占い師.TV