スゴイ占い師.tvとは、「本気で占いと向き合うメディア」です。占いに関することなら何でもご相談ください!

Vol.2 「断易のやり方、少しだけ教えます。~ “はっけよい残った”ってどういう意味?!~ 」

断易vol.2-02
とても具体的な結果がでるという、断易。

でもどんな占いかよくわからないのでは、ちょっと信じる気になれませんね。

そこで、まずは、おおまかなやり方と、断易の基本的な考え方について、見ていきましょう。

用意するものはサイコロが3つです。…以上です。

「え、それしか道具を使わないの?」と驚かれると思います。

でもそのかわり、「六十四卦(か)」という、

出た結果を64種類に分けて診断するデータ表などがあり、

それがとても深いものなのです。

これについては後で説明しましょう。
サイコロですが、占い師によっては、竹ひごのような細い棒を使う場合もあります。

コインを代わりに使ってでもできます。

とても簡単に、占いの流れをまとめるとこのような感じです。

 

まず、占いたいことを決めます。

そして占いをする今日について調べます。ここまでが下準備です。
次に、3つのサイコロをふります。

6回ふって出た結果を、さきほどの「六十四卦」のなかでどのパターンに当てはまるかを探します。

そしてその見つけたパターンに合わせて、占いたいこと、

占いをする今日の持つ意味をあわせることで、結果を判断していくのです。

 

では、実際に3つのサイコロをふってみましよう。

それぞれのサイコロに出た目に、奇数が多かったら陽、偶数が多ければ陰、とします。

だから、たとえばサイコロの目が「3」「5」「2」と出たら、陽、ということになります。
同じように、コインで行う場合は、表が多ければ陽、裏なら陰、とします。

これを6回繰り返して、「陰」か「陽」かを順番に紙に書いていきます。

例えば、「陽」「陰」「陽」「陽」「陰」「陽」というように、です。

 

断易vol.2の2-02

この6つの組み合わせごとの意味が書いてあるのが、

最初にお話しした、「六十四卦」の表なのです。

「六十四卦」は、出た陰陽の前半の3つを8種類、

後半の3つを8種類に分けている、8×8のマス目の表にまとめられています。

「当たるも八卦(はっけ)当たらぬも八卦」

というフレーズを聞いたことがありませんか?

これは、この8種類に分けた卦のことを意味しているのです。

 

ちょっと専門的になるので、軽くおさえておくだけで十分ですが、

それぞれ「天」「沢」「火」「雷」「風」「水」「山」「地」の意味をもっています。

 

昔の人は、自然に存在するものにはそれぞれ意味があるととらえ、

私たち人間はその影響を受けている、というように考えていました。

これが「六十四卦」の基本的な考え方なのです。

ちなみに、相撲の行司が「はっけよい、のこった!」と掛け声をかけますが、

これは元は、「八卦(はっけ)良い」
という言葉が語源である、という説があります。

相撲は、古代は神事だったので、

“よい結果がでますように”という意味が込められているのだ、というものです。

これはいくつかある説のひとつでしかないのですが、

少なくとも、そのくらい昔から「六十四卦」の考え方は、私たちの生活の中にあった、

ということは事実でしょう。

 

それでは、この占いはどうして的中率が高いのでしょうか? 

実は、合コンに着ていく服を選ぶのと、似ている部分があるのです。

 

次はその秘密をみてみましょう。

→では、Vol.3へ!

「断易のやり方1 占いの目的を決める ~どうして結果が具体的で的中率か高いのか~」

 

 

投稿者プロフィール

占い師TV情報局
占い師TV情報局
一般的な占いの基礎知識を広める情報部隊。
基礎的な知識から、テクニカルな知識まであらゆる情報を必死こいて集めてます。
女子2名、男子1名、おばはん1名で構成。

Copyright© 2015 スゴイ占い師.TV|当たる占い師が探せるサイト