スゴイ占い師.tvとは、「本気で占いと向き合うメディア」です。占いに関することなら何でもご相談ください!

仕事、美容、恋愛…etc アラサー女子のホンネ座談会

仕事にプライベートにと忙しい日常を過ごし、気がつけば「アラサー」と呼ばれる年齢に。将来を見据え、すべてにおいてワンランク上を目指していきたい、と考えはじめるタイミングでもあるはず。
そこで今回は、アラサー独女3人に集まってもらい、彼女たちの「リアル」を聞いてみた。

■出席者
えりさん(32歳・編集):美容への意識は高め、でもなかなか続かないのが悩み。彼氏なし。
ゆうさん(29歳・秘書):実はサブカル系にも詳しい、唯一の20代。彼氏あり。
あすかさん(32歳・IT関連企業):セルフプロデュースが完璧な見た目モテ系女子だけど野心家。彼氏なし。

――今回は失礼ながら「アラサー女子座談会」ということでお集まりいただきました。まずは、みなさんのお仕事のお話から伺いたいのですが、それぞれお仕事での悩みはありますか?

ゆう:正直なところ、今の仕事をいつまで続けるのかなとは思いますね……。結構ハードワークなので、このままじゃ体がもたないかなと。
あすか:仕事を辞めたいわけではないの?
ゆう:仕事はしていたい。でも、労働時間も長いし、土日も関係なく仕事の連絡が来たりして、なかなか完全にプライベートっていう時間が取れないのがちょっとね……。でも、じゃあ次に何したいのか? と言われるとそれはそれで悩んじゃうけど。でも、仕事を辞めて結婚して専業主婦になるっていう選択肢もないんだよね。
あすか:私も、その考えはないかな。
えり:私も専業主婦って考えはないかな。家でじっとしてるのは、我慢できない(笑)
あすか:私は昨年の春に異動したんだけど、前の部署の方が自分の裁量で自由に仕事をできていたかも。今は、上司のチェックがわりと厳しかったりするんだよね。そういうことを考えていると、実は会社員向いてないのかな? って思ったり(笑)だから、いずれは自分で起業したいなーって気持ちが芽生えて来た。
えり:起業! すごいね!
あすか:自分自身が30歳を過ぎたあたりから、女性の働き方とか生き方とかにすごく興味を持つようになったんだよね。仕事をしていてもしていなくても、女性がワクワクしながら生きられるような、ライフスタイルを提案できる仕事がしたいなーって気持ちが強くなってきて。
ゆう:たしかに、働き方とか生き方って、この歳になるといろいろ考えちゃうよね。どうやったらさらに自分を高められるか、とか。
えり:私は、今の編集の仕事はやりたかった職種なんだけど、自分の年齢が上がるにつれて、若い子たちが増えてきて、会社から求められることと自分のやりたいことの間で生まれるギャップに苦しむこともあるかな。
ゆう:例えばどんなこと?
えり:私自身は現場主義で、自分がやることに対して満足感を得たいけど、会社からは部下の指導なんかを求められて。とくに、自分の仕事が波に乗ってきたっていう実感がある時期だったから、余計に辛かった。でも、会社員である以上、会社から求められることには応えなくちゃとも思うから……。そういう葛藤はずっとあるなぁ。

 

765de422c4b280c8cbc473c2ef94cb2a――みなさんお仕事面でもいろんな悩みがあるんですね。では、20代前半の頃と今とで、何か大きく変わったことはありますか?

えり:食事です!(笑) 30歳過ぎて、人生であと何回ごはん食べられるんだろうって考えたら、体に入れるものは美味しいものにしたいって思うようになって(笑)
一同:(爆笑)
あすか:でも、それわかるかも! ランチでも同僚と一緒だと、高いだけで美味しくないお店に行ったりしなきゃだったり。そんな満足感の低いランチにお金を使いたくないから、1人で食べたいお店に行ったりするんだよね。食に対してはかなり貪欲かな(笑)
ゆう:ランチは仕事の合間のちょっとした息抜きでもあるから、やっぱり自分の満足するものを、って思うよね! 量より質を求めるかも。
あすか:そうそう、コンビニとかで買って簡単に済ますとかもあんまりしない。やっぱりちゃんとしたものをって思う。
えり:仕事が忙しくてお昼の時間帯に食べられない時もあるけど、遅くなっても絶対食べるよね(笑)やっぱり、ちゃんと食べないとイライラしちゃったりするし、仕事の効率も悪くなる気がして。
ゆう:あとは、野菜を多めに摂るようにしたり、油ものも控えるようになったかな(笑)

――ところでみなさん、恋愛事情のほうはいかがですか?

えり:私は恋してないことが悩みかな……。出会いもないし、彼氏も5年くらいいない。
あすか:合コンとか行かないの?
えり:忙しくてなかなか行く時間がないんだよね。たまに誘われても、「ちょと遅れるかもしれないけどいい?」とか言うと、「あ、じゃあまた今度ね!」って言われる。
ゆう・あすか:わかるー!!!
ゆう:でも時間通りに仕事が終わらないから、仕方ないよね。
あすか:私はコンスタントに行ってるよ! でも仕事も忙しいから、合コンに行くために、必死で仕事を終わらせてる(笑)
えり:すごい情熱! 私はそこまでできないなぁ。

785ea73a57eb8104e7eaac5a9cffa9c6-m

――ちなみにファッション面ではどんなことに気をつかっていますか?

あすか:自分が着たい服を着るというよりは、自分自身をブランディングしている部分があるかな。男性からのモテ目線だけじゃなくて、一般的に間口を広げておきたいなっていうのがあって。あまりに個性的すぎると男性だけじゃなく、女性にも引かれちゃうと思うんですよね。
えり:たしかに!
ゆう:男性は結局、コンサバ女子が好きだからね。
あすか:そうそう! 逆に考えたら、私たちも男性に対して、やり過ぎファッションはちょっとな……っていうところあるじゃないですか?!
えり:あるある、とんがってる靴はイヤとかね(笑)
一同:(爆笑)
あすか:だから私は、8割の人に受ける服って言うのを気にして、選んでるかも(笑)
ゆう:なるほど!

――美容面で気をつけていることや、とくに力を入れてケアしていることはありますか?
ゆう:スチーマーだけは毎晩欠かさずしていますね。メイク落としたあとは必ずやります。やっぱりこの季節は乾燥が気になるので効果ありますよ。
あすか:私は炭酸系を取り入れてます。パックとか化粧水とか。美容に興味があるので、いろいろ情報を仕入れて気になったものを試しています。
えり:私もいろいろ手を出してます(笑) ヨーグルトを家で作ってみたり、水素水飲んだり。本当はグリーンスムージも飲みたいけど、本だけ買ってそのままになってる……(笑)あとは、美顔器とかも買ったり。でもなかなか続かないのって、なんでだろう。
一同:続かないよねー!(爆笑)
えり:自分のまわりにいる素敵なアラフォー女性を見ていて思うのは、キレイをキープしてる人って若いうちからちゃんとケアしてるんだよね。だから私もちゃんとしないとなー、とは思うんですけどね。

えり:そう!(笑)あとアラサーと呼ばれる年代になって肌の乾燥気にならない?
ゆう、あすか:なる!!
ゆう:お風呂あがりは時間との勝負だよね! 乾燥する前に、オイルとかクリームとか全身に塗りたくってる(笑)
えり:私も! 最近はお手ごろ価格のクリームでも優秀なものが多いから、とにかくたっぷり塗る。あと、ボディクリームもいい香りのものが増えてきているから、選ぶ楽しさもあるよね。
あすか:私は自家製酵素を作って、それを毎日朝晩飲んでるよ。
ゆう:それ気になる!
えり:でもなんか大変そう。
あすか:大雑把な性格の私でもできてるから、そんなに大変じゃないよ。
ゆう:いろいろ試したいとか、続けたい!って思うことはいっぱいあるのに、なかなか続けられないことが一番の悩みかもしれないね……。
えり:そうだ、絶対それだ!(笑)

仕事、恋愛、美容と、年齢ならではの悩みが尽きない彼女たち。とくに美容に関しては「継続」が大事だとは思っていても、なかなか続けられないという共通の悩みがあるようだ。

そんな女性たちの悩みを解決してくれそうなヒント満載のサイト『キレイソロジー』がオープン。前向きに輝く女性を応援するジョンソン(R)ボディケアがサポートしていて、「1日1分、キレイをバランスアップ!」をテーマに、“大人キレイ”を目指す女性にぴったりのコラムが毎日読めるコンテンツになっているので、早速のぞいてみるのもいいかも!


Copyright© 2015 スゴイ占い師.TV|当たる占い師が探せるサイト