スゴイ占い師.tvとは、「本気で占いと向き合うメディア」です。占いに関することなら何でもご相談ください!

“占いの相性が最悪”なカップルは、本当に苦労するの?

“占いの相性が最悪”なカップルは、本当に苦労するの?“彼氏”と呼ばれる存在ができた際、誰もが一度や二度やってしまうことのひとつに「相性占い」というものがあるのではないか。一口に占いといっても血液型占いや12星座で占う占星術、さらにはお互いの兄弟構成で占うものや姓名判断といった様々な種類があるが、もし占いの結果、愛する彼との相性が“最悪”となったとき、あなたはどうするか?

普通に考えて、占いの結果がどんなに悪くても「別れる」という選択肢を選ぶ人はたぶんいないだろう。結果は結果として受け止めつつ(受け入れないという選択肢もあるが)、交際を続けるのが一般的だ。

しかし占いで相性が悪いと言われる組み合わせのカップルは、実際のところ交際してみて「やっぱり相性最悪」なのか「全然! 占いなんて意味なし!」なのか、ちょっと気になるところだ。そんな事情は人それぞれなのは承知のうえだが、実際のところどうなのかを「私たち占い的に相性が悪い」というカップルに聞いてみることに。

●血液型 A型×B型カップル

実は当コラムを企画した経緯として、この組み合わせのカップルが筆者の周りに何組もいることが発端だった。几帳面なA型と大ざっぱなB型。真面目なA型とルーズなB型。とにかく気質が正反対といわれるA型とB型とあって、血液型占いをみるとこの組み合わせの相性はかなり悪い。にもかかわらず、身近になぜか多い。

「確かに自分のペースを絶対に崩さないB型気質にイライラさせられることは多いです。でも逆にそれさえ崩さなければ、たいていのことは許してもらえる大らかさもあるんですよ。それに気が付いてからは楽になりましたね」

そう語るのはB型彼氏を持つA型のアツコさん(31歳)。アツコさんの彼氏の場合は大のプロ野球ファンということで、プロ野球観戦の趣味さえ邪魔しなければほぼ怒らない。「ただそれが何かしらの理由で邪魔されると大変。『私と野球どっちが大事なの?』なんて怖くて聞けません」(アツコさん)

一方同じくA型のヨシエさん(36歳)は「B型彼氏の大らかさに助かっている」と語る。
「やはり『この人と分かり合えない!』と思う時も日々ありますよ。私ばっかり気苦労しているような気がして、イライラするんです。そんな時はケンカになりますが、彼のいいところは次の日にキレイさっぱり忘れているところ。私はけっこう引きずっちゃうので、何事もなかったかのように翌日から接してくれると助かる」

逆にA型の彼氏を持つB型のマリコさん(34歳)は、A型彼氏についてこう語る。
「普段は私がワガママばかりいっているけれど、結局彼氏の手の平で踊らされているよな、と思う時が多々あります。普段はどんなワガママでも『ハイハイ』って聞いてくれるけれど、度が過ぎるとキレるんですよ。私にはその度合いがイマイチ分からない。でもキレたら本当に怖いので、そんな時は彼に従うしかありません」

●兄弟構成 長男×長女、末っ子同士、一人っ子同士カップル

兄弟構成で相性がいい組み合わせといえば「長男(または長女)×末っ子」。面倒見のいい長男(長女)と甘え上手の末っ子は確かにベストな組み合わせだろう。逆に似た者同士となる「長男×長女」、「末っ子同士」、「一人っ子同士」カップルは難しそうだが……。

「えー? 考えたことないですよ。一口に兄弟構成といっても、案外“何歳離れているか”とか“男女の兄弟か、それとも同性か”によって気質は違うと思う」

そう語るのは自身末っ子(姉が1人)で彼氏も末っ子(姉が1人)というハルミさん(34歳)。
「私はお姉ちゃんに頼り切りの完全な妹体質だと自分でも思いますが、彼は自立心が強くてお姉さんと今も昔もあまり交流がない。だから気質としては一人っ子に近いと思うけれど、だから相性的にどうということはないですね」

一方自分も彼氏も一人っ子同士というショウコさん(36歳)は「彼と話していると自分に似た嫌な部分が目についてたまにしんどい」らしい。

「どちらも基本的に“構ってちゃん”ですね。やはり両親の愛情を一身に受けて育ったところがあるから、ちょっと自分が弱っている時に優しくされないとブルーになる。そのくせ優しくされて当たり前だと思っている節もあるから、そういう時はケンカになります」

●あの村上春樹も悩んだ!? 占星術的に最悪な組み合わせ

最後に相性の悪い占星術カップルだが、こちらは村上春樹が80年代に発表したエッセイ「わり食う山羊座」の一部エピソードを紹介したい。

村上春樹は山羊座で奥様は天秤座。この組み合わせは「あまり相性が良くないらしい」とエッセイで述べられている。しかし2人は離婚どころか、公私ともに良きパートナーとなっているのはご存じの通り。村上春樹はそんな相性の悪い奥様に対し、エッセイでこう語っているのだ。

「時々女房に対して『これはいくらなんでもあんまりだ。理不尽だ。ひどすぎる』と頭にくることもあるけれど、星占いからすれば事態はこんなものではなくて、もっともっとひどくなるはずだから、とにかくどれくらいひどいことになるのか、見るべきものはとことん見てしまうという感じで生きている」

「相性の悪い山羊座・天秤座の組み合わせなのだが、それで結婚生活が破たんをきたすかというと、そうでもない。いつまでたっても事態はちっとも改善されないのだが、ぶつぶつと文句を言いながらなんとかうまくやっている」

村上春樹の「ぶつぶつと文句を言いながらなんとかうまくやっている」という言葉は、まさに“相性が悪いカップル”でも長続きする秘訣とも言えそうな気がする。これまでそういったカップルの話に耳を傾けてきたが、皆何だかんだと文句を言いながらも「なんとかうまくやっている」という言葉がまさに当てはまっているように思えたのだ。

というわけで、パートナーとの相性が占い的に最悪でも「苦労はするがなんとかなる」と腹をくくる。それがうまくいく秘訣な気がする(橋口まどか)

Author Profile

ケシー
ケシー
スゴイ占い師TV 統括責任者 株式会社キンダーガーデン 代表取締役社長

大学という日本独自のパラダイスを卒業し、迷い込んだように上場企業でコンサルしていたが、史上最速の昇進と、女性歴代1位の記録を取った途端、占いにはまり退職。そのあと、占い師になろうと決意するが、あまりの才能の無さに断念。2014年に占い師TVを立ち上げ、道端の小銭を拾ったり、自動販売機のお釣り受けをまさぐりながら、コツコツ占い師TVを運営しているうちに、”お金あげるよ”って気が触れたとしか思えない神様(現 副社長)が現れ、共に株式化。あれよあれよと社員も集まり現在に至る。ちなみに名前は本名。半分外人である。あだ名は”大海原のキャビア”

Copyright© 2015 スゴイ占い師.TV