スゴイ占い師.tvとは、「本気で占いと向き合うメディア」です。占いに関することなら何でもご相談ください!

【高すぎる】占いサイトのメニューがポジティブすぎるのってアリ?「あなたと結婚したい人は目の前に!」【気に入らん】

占いサイトのメニューがポジティブすぎるのってアリ?■ネット占いに10万円を使った理由は?たかが占い、されど占い。年末年始はスピリチュアル業界もかき入れどきなのか、多くの女性誌で年間の占い特集が組まれたり、パワーストーンや風水財布が景気よく販売されたりしている。実にスピリチュアル市場の規模は年間1兆円ともいわれ、このうちインターネットの占いサービスは年間およそ200億円もの売り上げがあるそう。由香子さんは、ネットの有料占いにハマったユーザーの一人。半年余りのうちに100~200回もネット占いを繰り返し、トータルで10万円以上をつぎ込んだ過去がある。
理由は

「ポジティブすぎる占いメニューのフレーズに引き寄せられたため」

「当時33才で、一年前に彼氏と別れてから出会いはゼロ。勤務先も小さなベンチャー企業で、失恋の影響もあり、このまま一生一人だったらどうしよう? 孤独死したら? と不安が止まらなくなったんです」

興味本位で占いサイトを開くと「恐ろしいほど当たる! 禁断の霊感占い」「叫ばずにいられない! 涙の結末!」など盛りに盛られたフレーズがいくつも表示され、由香子さんを圧倒した。このうち目に留まったのは「1年以内にきっと会える! 運命の相手の素性」「復縁が見える! あなたと別れた彼の悔恨の涙」など、自分に都合のいいポジティブフレーズだった。

「占いが気休めにしかならないのは重々承知。けれど占ってみると、私に惹かれている年下のイケメンがいるだとか、元彼は私とヨリを戻したくてもがき苦しんでいるだとか(笑)、まんざらではない結果が出てくるんですよ。どんよりとした心が晴れ、その日はよく眠れます。けれど現実は何一つ変わっていきません。いくら待とうと元彼からの連絡は一切なし。悶々としてくると、心の安心材料を求めて『あなたを愛するリッチマンとは?』という占いに再び手を出してしまうんです」

 

ポジティブ占いの特徴は、自分の願望がそのままメニュー名になっていること。

「あなたは愛されている」「これからは仕事も恋も絶好調」「フラれたのは何かの間違いで、復縁は叶う」。友人たちは決して口にしないバラ色の未来を、占いは堂々と告げるのだ。こうしたポジティブな占いについて、スピリチュアルに詳しいライターのKさんは「心が不安定なときこそ避けた方がいい」という。
「占いはあくまでも占いであり、恋愛に関して良いことを言われたとしても、それは占い上の問題。相手の男性が本当に占い師の言った通りの感情を抱いていたり、行動をしたりするとは限りません。占い師に決定を委ねてしまうと、無意識のうちに『占い師の助言以外は間違い』と思ってしまう危険があるので要注意。占いは自分で答えを探し、最終的に背中を押してもらうくらいの気持ちで試みたほうがいいですよ」由香子さんも
「掲示板を使って当たる占い師を本気で探し始めたら、心が弱っている証拠。ポジティブ占いに限らず、スピリチュアルなものから距離をおいた方がいいですね」
「現実が不安定なときは、必ず当たってしかも自分に都合のいいことを言ってくれる占い師を求めるようになります。もちろん、そんな占い師は存在しない。あてのない夢を追い求めて、金も時間もつぎ込んでしまう羽目になるかもしれません」

ポジティブな占いの上手な使い方

 ポジティブな占いのメリットは、いい結果を信じることで物事を前向きにとらえられたり、恋愛に積極的になれたりすること。
「占いは当たるか当たらないよりも、自分の生活や人生をよりよくするためのツールとして使うもの」と、ライターのKさんも話す。
 「1年以内に結婚相手と出会えます!」という超ポジティブな結果を信じて、通勤服をおしゃれにしたりメイク直しをこまめにしたりすれば、後付けであっても新たな恋を呼び込む可能性は高まるだろう。占いをオーバーだ、非科学的だと笑ってやりすごすよりもよほど開運につながる。何とかとハサミは使いよう。占いもおみくじもしかり。
 というわけで、筆者も「見えます! あなたに恋焦がれている人!」という占いを試してみた。私を好きでたまらない相手は成熟した大人ゆえ、すぐには告白してこないそうだ。もはやラブとか好きとかいう境地を越え、そっと私を見つめるだけで心が温かくなるらしい……。
それって大して好かれていない気もするが、いやいや、2014年、女として精進することにいたしましょう。(来布十和)
※占いメニュー名は、実際にあったものを元に再構成しています。

運営責任者のコメント

・まぁ、めちゃくちゃ儲かるやろうなぁ。

・けど、所詮システム遊びだと考えるとバリ高い。弱みに付け込んだ良いビジネス。

・私が占い師の役目として最も付加価値が高いと感じる要素は

 生身の個々の人間に占いの教養をどう当てはめるかの”通訳の部分”こそだと考える私からすると

 こういうシステムで大儲け”だけ”してる人は、良い市場に目を付けたなぁ、と思う。

 ましてや、自分で文章さえ書いてない人もいるだろうと思う。

 まぁ、それも1つの商才。けど肌感覚で好かない。

投稿者プロフィール

ケシー
ケシー
スゴイ占い師TV 統括責任者 株式会社キンダーガーデン 代表取締役社長

大学という日本独自のパラダイスを卒業し、迷い込んだように上場企業でコンサルしていたが、史上最速の昇進と、女性歴代1位の記録を取った途端、占いにはまり退職。そのあと、占い師になろうと決意するが、あまりの才能の無さに断念。2014年に占い師TVを立ち上げ、道端の小銭を拾ったり、自動販売機のお釣り受けをまさぐりながら、コツコツ占い師TVを運営しているうちに、”お金あげるよ”って気が触れたとしか思えない神様(現 副社長)が現れ、共に株式化。あれよあれよと社員も集まり現在に至る。ちなみに名前は本名。半分外人である。あだ名は”大海原のキャビア”

Copyright© 2015 スゴイ占い師.TV|当たる占い師が探せるサイト