瀬戸芳夫先生”文字の書き方”で持てる自己肯定感

みんな違って当たり前。
だからこそ文字から読み取れるその人らしさを伝える。

瀬戸芳夫先生
占術:筆跡鑑定
場所:場所:お電話にてお問い合わせください
料金:イベント価格 2,000円~
タグ:筆跡鑑定
イベント
対面鑑定


筆跡鑑定お願いします



24歳 会社員 女性

文字にはその人の性格が表れるといいますが、私はどんな性格でしょうか。




  • 文字だけでなんでそんなにわかるの?!っていうぐらい当たってます
  • 自分が変えたいと思う性格は、文字を変えると変わる!(9:20~)
  • 「これからは自分の個性を伸ばす方向で生きていく」占い師になるまでのエピソードがしみる









1つ1つ丁寧に解説していきます。先生の字がかわいい。




瀬戸先生「丁寧に行動されてるから、逆に急に変化があった時に戸惑ってしまう」ホンマにその通りです。臨機応変さがほしい!


↓詳細は以下をご覧下さい↓


  • 鑑定光景公開中
  • 赤裸々本音トーク

占いをはじめるまでの生活

大学を卒業して一般企業に就職したんですけど実は去年までは普通にサラリーマンしていました。ずっと経理の仕事をしていたんですが、今になって考えると自分はそんなタイプではなかったんです。経理の仕事っていうのは昔は職人みたいな仕事で電卓叩いて数字合せるとか決算書をきっちりとした数字にするということは、人間がする職人技と言う感じで出来る人はすごく貴重だったんですけどね。
そういうことはどんどんコンピュータがやってくれるんです。そうなった時にもう自分がやっていた仕事っていうのはコンピュータにやらせる仕事になってくる。そうしたら次どうなるかっていうのは自分の仕事がなくなるんです。
どんどん人も減っていったし、自分の仕事は自分の仕事をなくしていくコンピュータに仕事を振る仕事。それでとうとう自分の仕事も無くなってきて、経理じゃないことを求められるようになってきまして。次から次とだんだん居場所も無くなってきて辞めざるを得なくなった。営業は周りの人に無理だって言われてたので会社の中でずっと事務作業していると、いっつも同じ人と島になって一日中仕事しないといけないんです。でも隣にちょっと苦手な人が居てもずっと一緒にいないといけないじゃないですかそれが本当に苦痛で。笑 で、どうしたらいいかなって思ってたくさん心理学の本とか人間関係の本とか読んでたんです。そこで筆跡心理学というものを学んでいたのですが、120~130人ビルの中で働いていたんですけど、経理の所には人の手で書かれた文字廻ってくる、それで、人の性格やあり方ってそれぞれ「違うねんな」って事が文字から解るようになって、面白くなってきたもので、勉強にのめりこんでいきました。

2014y12m16d_172417351

占い師になったきっかけ。

まずとりあえず先に、仕事辞めたんですよ。正直「何しようっかな~」って感じだったんですが、仕事を辞めてからの出会いが、ストレス感じながら生きるんじゃなくって、自分の個性を伸ばす方向で生きていこうや!っていう考え方の人との出会いばかりになってきて、それもまさに以前から勉強していた筆跡心理学と通じることだったんです。
 言えば各文字ってみんな違うじゃないですか?だからこそみんな不平等って見えるかもしれませんがそれが平等なんだよ、という事。つまり、みんな違って普通で、だからこそその人らしさっていうのを「文字」を見せてもらって伝えさせてもらってる。
 それをもっと伝えていこうと、思っても、自分にはスキルがない。お客もいない。それでまず始めたのが駅前でアンケートボードもってアンケート方式で無料で筆跡診断やっているので書いてください!って頭下げてやってみました。笑

10603257_480296788772511_4846417695232588660_n

路上で筆跡診断を始める

最初は失業保険もらってたから気持ちにも余裕があったんですけど、いよいよそれもなくなる時に、アルバイトを並行してながらこういう仕事も続けていこうかなって思ってある人に相談したら「それは絶対あかん」って言われて・・・。
でもお金どうしようっていったら、路上で稼いたらいいやんって言われて、最初はそんなんありえない話だったんですけど、とにかくやってみよう、やったら分かるからって言われて、仕方がないからやってみようと思いました。
 最初はパソコンで打ち出した紙をラミネート加工して「筆跡診断しています。」料金は1円でもいいから来てくださいってして。全然来なくて。笑
 ティッシュペーパーに「筆跡診断しています」という広告を入れて配ったりだとか新聞作って配ったりだとか、色々したんですけど全然うまく行かなくって。
 それで路上で手相をやっている人と出会って教えてもらったんですよ、「どうやったら来るんですか?」ってそしたら”まずなり切ること”。
 そうでないと向こうも中途半端な人に観てもらおうなんて思わないし特に路上でやろうとなるとなんかこの人すごいなってオーラがないと絶対来ない。まず自分をどう見せるかところから初めて、やっている内に少しずつお客さんが来てくれるようになったんです。

2014y12m16d_172403189

占いを通じた思い

自分が自分を認めることが出来なくて、何が正しいのかなぁ?って迷っていたのですが、自分なりにまず人間として正しいやり方だとかは置いといて、自分の軸を作ろうと思って一生懸命探し求めていました。結局人によってぜんぜん言うことが違うからいつも軸がぶれていたんです。
 けどそこで筆跡診断っていうのは目に見える形で、100人いたら100通りの答えがあって、それが当然なんですよね。そうなった時に自分も100人いたらその中の一人なんやから自分の基準ということに対して、自分はダメだと思う必要はないし逆に自分と違う人がいるからっていうてそれを「あんたそれちがうやんか!」って言う必要もない。
 それってなんとなく分かってるようで分かってないからこそ相手を責めてしまったりだとか自分はだめと思ってしまうことがあるんですよね。
 でも文字って目に見える形でこことここが違うってはっきり断定出来るじゃないですか。
だからそれでもいいんですよ、ということ。まずは現状の自分に対して自信を持ってほしい。
 プラスアルファ字を書くというのは今まで自分が生きてきた行動の積み重ねが文字に表れている。その上で将来自分がどうなりたいかということ、今の自分よりちょっと変わりたいというなら字の書き方を変えたら習慣が変わるってくる。
 だから今までなかなかこうなりたいって思ってたけど実際どうしたらいいか分からない人がいると思うのですが、そういう人に対して”じゃ、ここ直してください”、”ここをこうすると今まで自分で諦めていたことや粘り強さが身に付きますよ”とか、人に対して自分なりのこだわりっていうのを持っててそれがちょっと他の人を受け入れにくいという壁がある人がいたら”ここはちょっと離して書いてください”とか。そういうことをお伝えさせて頂くことで現実的に習慣を変えてしまう、今の自分に対する自己肯定感を持って欲しいし、なりたい自分があるんであれば文字を変えることでなりたい自分に近づいて頂いて欲しいと思っています。

2014y12m16d_173716726

思い切って横にのけといてやってみよう。

僕自身は何をしたらいいか分からなくってすごく不安だったんですけど、とにかくなんかやってみよう!ってそれで筆跡診断を始めました。それで周りの人から結構”良くあんたそんなことやってるなぁ”とか、”思い切ったなぁ”とか言われるんですけどね。実は最初はすごく怖かったんですけどでもやってみたらすごく面白かった。だからちょっと怖いなっていうことを思い切ってやってみたら、そういうことにこそ自分の才能だとかワクワクするポイントが隠れてるって思います。
だから今現実が面白くないなとか自分の魅力がどこか分からないっていう人は筆跡診断を受けてもらうってこともそうなんですけど今までやったことないこと、「ちょっと怖いな」っていことは自分でブレーキかけてると思うんですよ、そういうことを思い切って横にのけといてやってみる、そうした時にに自分に面白いことが見つかると思います。


店舗情報

店名 瀬戸芳夫 ~開運 善し通せ(せとよしお)~
電話番号 090-4641-4083
営業時間 予約制
住所 お電話にてお問い合わせください
最寄り駅 天神橋筋六丁目
ご予算の目安 イベント価格 2,000円~
Copyright© 2014 スゴイ占い師.TV